パプアニューギニアのツアー、ダイビング、サーフィン、自然観察、観光、格安航空券などの旅行情報とパプアニューギニアに関する情報満載!

ポートモレスビーでのダイビング

ポートモレスビー地図

パプアニューギニアの玄関口となる首都ポートモレスビーの海は、「世界の首都が有する海で最も美しい」と評されるほど自然豊かです。ポートモレスビーは年間雨量が少なく雨季でも長雨はほとんどありません。

ポートモレスビーのダイビングポイント

ポートモレスビーのダイビングマップ
ポートモレスビーななよ丸

ポートモレスビーはパプアニューギニアで唯一コーラルシーに面しており、アジア&オセアニアの色濃い水中世界を楽しむことができます。沖合いはバリアリーフとなっており、ダイビングポイントはそのバリアリーフのチャネル付近とリーフ内側に30箇所ほど設定されています。オンシーズンは10月~5月で平均水温は28℃、波風も弱く穏やかな海況です。また6月~9月は南東からの貿易風の影響をまともに受けるので、沖合いのリーフ付近には大きなうねりがくることもあります。このうねりは南からのきれいな冷たい水を運んできますので、水温は最低24℃くらいまで下がり透明度はあがります。

ダイビングポイントはバリエーション豊かで、バリアリーフのウォールや数々の隠れ根、リーフ、砂地の他、1986年に沈められた全長65mのガスタンカー「ななよ丸」(ポイント名:パシフィック・ガス)はじめ、数隻のトロール漁船が海洋生物の調査研究のために漁礁として沈められており、レックダイビングも楽しむことができます。

アヤコショウダイの群れ
ピグミーシーホース

オススメスポットはスージーズボミーで潮あたりのよい隠れ根で10mくらいのトップにアヤコショウダイがいつでも群れをつくっています。またその周りにはユメウメイロやタカサゴの群れが流れナポレオンも寄ってくる、とても賑やかなところです。

それ以外にもレーシースコーピオンフィッシュ(ボロカサゴの仲間)やピグミーシーホースに高確率で遭遇するポイントや、岩の裂け目にウミウチワが幾重にも重なり美しい景観を見せる地形ポイントなど魅力的なスポットを多く有しています。

ポートモレスビーのダイビングサービス

ポートモレスビーのダイビングサービスは現在、市内に「ザ・ダイブセンター」があります。「ザ・ダイブセンター」はパプアニューギニア唯一の都市型ダイビングショップで、ポートモレスビー在住の外国人のスクールやファンダイビングなども催行し、ナイトロックスにも対応しています。

ダイビング・スタイルはご宿泊のホテルから送迎し、空港から15分ほどのタヒラハーバーからの終日ダイビングツアーとなります。ダイビングボート「ソロタイ」は木造のフルキャノピーで最大16名のゲストダイバーを載せられます。巡航約8ノットと速度はのんびりですが、コンプレッサー積載でスペースもゆったりしておりホットシャワーの他、小さいながらトイレも完備しており日帰りクルーズには大変快適です。

オーナーのジョン・ミラー氏はポートモレスビー育ちのオーストラリア人で、パプアニューギニアのダイビングの歴史を最もよく知る人物の一人です。

ポートモレスビーのダイビングツアー

ツアーを探す
手配種別
目的地
旅行目的
Air Niugini 外務省海外安全ホームページ パプアニューギニア政府観光局 ダイバー&サーファー御用達 CROWN Paking 新現役ネット
ツアーを探す
手配種別
目的地
旅行目的
↑