パプアニューギニアのツアー、ダイビング、サーフィン、自然観察、観光、格安航空券などの旅行情報とパプアニューギニアに関する情報満載!

トゥフィでのダイビング

トゥフィ地図

ニューギニア島の北側、首都ポートモレスビーから双発の小型飛行機で途中の山間の村を経由しながら1時間半余り、ポートモレスビーとほぼ同じ緯度の、ソロモン海に大きく張り出した半島の一点がトゥフィです。

トゥフィのダイビングポイント

トゥフィダイビングマップ
tufi_01

トゥフィの魅力はその景観の美しさです。トゥフィはフィヨルド地形で、上空から眺めるとひび割れたような大きな裂け目が随所に見えます。その割れ目が入り江になっており、ここからさらに内陸へ川筋が延びています。これらの川はマングローブの林を縫うように幾筋にも分かれては合流し、渓谷のような断崖を横目に流れています。さらに遡ると岩底の浅い渓流となります。

このフィヨルドの入り江の中もまた魅力タップリの世界、様々な水中生物を見ることが出来ます。エントリー/エキジットポイントとなる桟橋から右に振ると湾奥方向で砂地となっており、カニハゼなどのハゼ類やワニゴチ、やカサゴ類、それにウミウシも多く見ることが出来ます。また左に振る湾口方向でガレ場からウォールになっており、桟橋下の石垣の隙間にはニシキテグリが見られ、浅場には様々な魚の幼魚、またダイビング雑誌でも何度も紹介されているイースタンクラウン・アネモネフィッシュの胴体真ん中に黒いバンドを巻いた変異体も見ることが出来るでしょう。この入り江は深場で50m以上あるので、浅場の生物の種類も豊富でとても楽しいマックダイブができることでしょう。

tufi_03
tufi_04

一方ボートダイブのポイントは、トゥフィ沖合いに点在するリーフを潜ります。このあたりにはトップが7~10mの馬蹄型のリーフが多くあり、美しい枝サンゴの群生やソフトコーラル、そして数々の魚たちにめぐり合うことが出来ます。潮あたりがよい場合にはギンガメアジやバラクーダがよく見られ、また10m前後で2~3匹のハンマーヘッド・シャークにもよく遭遇します。ハンマーヘッド・シャークは、経験から言うとリーフエッジにエントリーしたとたんに覗きにくるようにやってくることが多いので、早めにエントリーしてリーフの外側をしばらく眺めていると見つけられるかもしれません。また外側のリーフ「マラウェイ」の潮上のエッジには「レッド・ピンジャロスナッパー」という真っ赤なフエダイの仲間の大群がいつも泳いでいます。水深は十数メートルから40メートルの広い範囲でいくつかのグループに分かれたり、一緒になったりを繰り返しているので、「言うほど多くないな・・」と思ったら上下をよく見てみてください、かなりの数でしょう。リーフトップはどこも美しいので、海の穏やかな時は自然光の美しいサンゴの写真を撮ることが出来るでしょう。

トゥフィのシーズンはアロタウとほぼ同じで、風・波は6~9月は南東からの貿易風の影響が出ます。トゥフィは大きな半島の南東方向を向き、リーフが点在する沖合いには島が全くないので、風の影響をまともに受けますので、ボートダイビングでリーフ狙いをされる場合には、全般的に穏やかな海況となる10~5月がおすすめです。逆にワーフでマクロ三昧だけをしたい方は、風の吹くシーズンの方がリゾートが空いていて快適かもしれません。最高水温は28℃くらいですが、最低水温はアロタウよりも少し高めで26℃くらいでしょう。尚レックダイビングファンにはトゥフィのレックダイビングポイントとして、第2次大戦中の米国の重爆撃機B17「ブラックジャック」(水深48m)がしばしば紹介されていますが、ここはリゾートからは日帰りは不可能で、現在クルーズのみで訪れるポイントです。

トゥフィのダイビングサービス

トゥフィのダイビングサービスは「トゥフィ・ダイブリゾート」のみです。

トゥフィは第2次大戦中、連合軍のパトロールボートの基地であった場所で、当時ワーフには軍用ボートが停泊し、現在リゾートが建つ海を臨むフィヨルドの高台には軍宿舎がありました。今でもワーフダイブではその当時の残骸を多く見ることが出来ます。

トゥフィでのダイビングの基本は2ボートダイブ+ワーフダイブで、午前2ボート、帰りながら船上で昼食、帰ってから希望者はワーフでのビーチダイブとなります。夕刻のニシキテグリ・ダイブは通常のワーフダイブとなりますが、19時前にエキジットしなければいけません。19時以降はナイトダイブとなります、ご注意ください。桟橋は広いウッドデッキが組まれておりテーブルと椅子、エキジット用のラダーが完備されていて、とても快適です。器材を背負って3歩でエントリーできます。

メインボートの「ダイブトゥフィ」は、トイレも完備し、二人掛け前向きの椅子を連ねた10m超のアルミボディ・ダイビングボートで、スピードは20ノットです。 またボートダイビングでの水面休息は、前述の通り島がないので、吹きさらしの洋上になります。酔い易い人は酔い止め対策をしたほうがよいでしょう。しかし現在では少人数の際にファイバー製の小型ボートも出せるようになりました、その際にはトイレはなく揺れるかもしれません。

番外ですがダイビングサービスには、シーカヤックのレンタルもあり先述のフィヨルドの川上りを満喫できます。

トゥフィのダイビングツアー

ツアーを探す
手配種別
目的地
旅行目的
Air Niugini 外務省海外安全ホームページ パプアニューギニア政府観光局 ダイバー&サーファー御用達 CROWN Paking 新現役ネット
ツアーを探す
手配種別
目的地
旅行目的
↑